fincode

Product Blog

エンジニアファーストの決済ソリューション – fincodeの強みとは

現代のビジネス環境は急激に変化し続けており、新たなネットサービスを展開する際には、迅速でかつ効率的なオンライン決済システムの導入が不可欠です。 特にスタートアップ経営者、ECサイト運営者、アプリ開発者、そしてエンジニアにとって、このニーズはより一層高まっています。 この記事ではそんな現代ビジネスのニーズに対応するため誕生した、決済サービス「fincode byGMO」について改めて紹介いたします。 fincode byGMOとは fincode byGMO(以下fincode)は、スタートアップが成功するために設計されたオンライン決済サービスです。 Eコマースはもちろん、プラットフォームやサブスクリプションなど様々なビジネスモデルに必要な決済機能を取りそろえ、 オンラインビジネスを推進する上での使いやすさ・わかりやすさを追求しています。 fincodeの強みとは? スピーディーな決済導入 fincodeの最大の特徴の一つは、そのスピーディな導入プロセスです。 オンラインでの申込み完了から、直ちにテスト環境が利用可能となり、ビジネスのペースを落とすことなく決済システムを導入できます。 特にスピード感が重要となるスタートアップや急速に市場を拡大しているECサイトにとって、この迅速さは大きなメリットとなります! エンジニアファーストの設計 fincodeは、エンジニアファーストを目的に設計された決済サービスです。そのため、REST APIのサポートや複数の開発言語への対応はもちろん、モバイルSDKを通じた決済画面の柔軟なカスタマイズが可能です。 これにより、開発者は効率的にシステムを統合し、ユーザーエクスペリエンスを最適化できます。 エンジニアが直面する可能性のあるさまざまな課題に対応するために、fincodeは継続的にアップデートを行い、最新の技術トレンドに合わせた機能・決済手段を提供しています。 料金の透明性 fincodeの料金体系は、シンプルさと透明性が特徴です。 初期費用や月額費用は一切かからず、決済手数料3.6%のみが利用料金となります。 特に創業したばかりで、コスト意識が高いスタートアップにとって、この明快な料金体系は大きなメリットになり、決済サービスの導入ハードルは大きく下がります。 加えて、複数の決済オプションに対応していることも、さまざまな顧客のニーズに応えることができる強みとなります。例えば、主要なクレジットカードブランドはもちろん、コンビニ決済や国内では利用率の高いPayPay決済など多様な支払い方法が利用可能です。これにより、ビジネスはより広い顧客層にアピールし、収益の機会を最大限に広げることができます。 fincodeで提供している決済手段はこちら 2つのショップタイプにより、多様なビジネスモデルをサポート fincodeは異なるビジネスニーズに合わせて2つの主要なショップタイプ、「スタンダードタイプ」および「プラットフォームタイプ」を提供しています。 スタンダードタイプ 通常のEC運営のように、ショップが直接購入者様に対して、決済取引を伴うサービスを提供する場合に最適なショップタイプです。 プラットフォームタイプ ECモールや特定のプラットフォームビジネスのように、ショップがテナントを介して、購入者様に決済取引を伴うサービスと提供する場合に最適なショップタイプです。 その中でも下記画像のように、「マルチサイドプラットフォーム型」、「ASP型」の2種類用意があり、多種多様なビジネスモデルに柔軟に対応し、決済という観点から事業者様をサポートします。 ショップタイプについて知りたい方はこちら 最後に fincodeは導入の利便性、エンジニアファーストの設計、料金の透明性、2つのショップタイプを通じて、事業者様のオンライン決済の導入をサポートします。 この記事を通じて、fincodeの強みと魅力を知っていただけたら幸いです。 fincodeが気になった方はぜひお気軽にテストアカウントを作成し、サービスに触れてみてください!

マーケティングチーム
エンジニアファーストの決済ソリューション – fincodeの強みとは

fincodeのショップタイプ?スタンダードとプラットフォームについて解説!

みなさん、こんにちは!マーケティングチームです! 現代ではオンラインビジネスは今や欠かせない存在になっています。 fincodeでは多くのビジネスに迅速に決済を導入していただけるよう、2つのショップタイプがあります。 fincodeで決済サービスを導入する際に、「自社のサービスはどのショップタイプに該当するだろう。」と悩まれないよう、 今回はfincodeでご用意しているショップタイプ「スタンダードタイプ」と「プラットフォームタイプ」を紹介します。 スタンダードタイプとは? スタンダードタイプは一般的に想像される、ネットショップなどの運営を行う場合に利用するショップタイプであり、 ショップが直接、購入者様に対して決済取引を伴うサービスを提供する場合に利用します。 例えば、アパレルや家電量販店のネットショップなど、サイト上にあるネットショップの多くはこちらのビジネスに該当します。 プラットフォームタイプとは? プラットフォームタイプは、ショップがテナントを介し、サービス利用者に対して決済取引を伴うサービスを提供する場合に利用するショップタイプです。 fincodeでは「マルチサイドプラットフォーム型」、「ASP型」の2種類プラットフォーム型の用意があります。 マルチサイドプラットフォーム型はECモールやマーケットプレイスのように、プラットフォームが複数の利用者とサービス提供者を結びつける構造となっております。 ASP型はECサイト作成サービスや決済機能付きサイト作成サービスのようにサービス利用者に対して特定のサービスやソリューションを提供する際に利用する構造となっております。 スタンダードタイプの詳細ページはこちら プラットフォームタイプの詳細ページはこちら 自社にあったショップタイプを選択いただき、決済をスムーズに導入いただければ幸いです。 本記事でfincodeに興味を持った方は、以下ボタンからぜひテスト環境をお試しください。

マーケティングチーム
fincodeのショップタイプ?スタンダードとプラットフォームについて解説!

年末年始の営業時間のお知らせ

平素より「fincode byGMO」をご利用いただきありがとうございます。 年末年始の営業につきまして、以下の通りとさせていただきます。 年内の営業 2023年12月28日(木)まで 年始の営業 2024年1月4日(木)から 年末年始休業 2023年12月29日(金)~2024年1月3日(水) 休業期間中、問い合わせ対応及び審査関連業務は営業しておりません。 営業再開後より、順次対応させていただきます。 なお、決済サービス・管理画面機能につきましては通常通りご利用いただけます。

マーケティングチーム
年末年始の営業時間のお知らせ

決済手段に「口座振替」が追加されました!

  みなさん、こんにちは!fincodeプロダクトのマーケティングチームです。 本日はfincodeに新たな決済手段「口座振替」が追加されたため、ご紹介いたします!   口座振替追加の背景と概要 「fincode byGMO」では、スタートアップを中心とする導入事業者のビジネスニーズや エンジニアの声を積極的に取り入れながら、時流に合わせたアップデートを定期的に実施しており、 サブスクリプションサービスやSaaSビジネスを展開する事業者より 「口座振替」の決済手段追加の強い要望があり、この度「口座振替」を追加いたしました。 「口座振替」は、事前に登録したユーザーの銀行口座から毎月決まった日に自動で引き落としをする決済手段です。 キャッシュレス実態調査によると口座振替は月々の支出金額において17%とクレジットカード、 現金支払いに次いで多い割合であり、現金利用層においてはクレジットカードよりも多く利用されています(※1)。 (※1)2022年12月 経済産業省 商務・サービスグループ キャッシュレス推進室「消費者実態調査の分析結果(サマリー)」 (※2)「fincode byGMO」の口座登録方法には、依頼書登録とWeb登録 の2種をご用意しています。Web登録は2024年春頃に提供開始予定。 fincodeではテスト環境もご用意しており、すぐに使えてすべての機能をお試しいただけます。 この機会にぜひお試しください! ※本番環境で利用する場合は、カード決済の利用開始後にダッシュボードより口座振替の利用申請を行います。

マーケティングチーム
決済手段に「口座振替」が追加されました!

CloudWatch Logs Insightsでログを抽出・分析する

fincode開発チームです! 今回は、fincodeでも利用しているAmazon Web Services(AWS)のCloudWatch Logs Insightsを使用して、アプリケーションのログを簡単に抽出し、分析する方法を紹介したいと思います。 はじめに アプリケーションの運用や開発において、ログデータは貴重な情報源です。エラーや警告、トランザクションの記録など、アプリケーションの挙動や状態を理解するために不可欠な要素です。 しかし、アプリケーションが成長し、複雑化するにつれて、ログデータの量も増加し、その分析はますます困難になっています。 ここで登場するのが、Amazon Web Services(AWS)の提供するCloudWatch Logs Insightsです。このサービスは、ログデータを簡単に抽出し、リアルタイムで効果的に分析するための強力なツールです。 ログデータから価値ある情報を引き出し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる手助けをしてくれます。 CloudWatch Logs Insightsとは CloudWatch Logs Insightsは、AWSのモニタリングおよび管理サービスであるCloudWatchの一部として提供されています。このサービスを使用することで、アプリケーションのログデータをリアルタイムで簡単にクエリし、分析することができます。 従来のログの探索や分析では手間がかかっていた作業が、CloudWatch Logs Insightsを使用することで迅速かつ効率的に行えるようになります。 ログの重要性 ログデータは、アプリケーションがどのように動作しているか、ユーザーやシステムとのインタラクションがどのように進行しているかを記録する貴重な情報源です。特に、以下のような状況でログの分析が重要となります。 エラーのトラブルシューティング: エラーメッセージやスタックトレースを分析することで、アプリケーションの不具合を特定し、修正する手助けをします。 パフォーマンスの最適化: レスポンスタイムやリソース使用量などの情報を分析することで、アプリケーションのボトルネックを特定し、パフォーマンスを向上させる施策を打つことができます。 セキュリティ監視: 不正アクセスや異常なアクティビティを検知するために、アクセスログや認証イベントを監視することが重要です。 CloudWatch Logs Insightsは、これらの課題に取り組むためのツールとして優れた機能を提供しており、ログの分析作業を効率化し、アプリケーションの品質向上に寄与します。 次に、CloudWatch Logs Insightsの基本的な概念や操作方法について探求していきましょう。 実際に使ってみる 1.Logs Insights(ログのインサイト)を開く AWSコンソールからCloudWatchを開きログ>ログのインサイトを選択。 2.ロググループを選ぶ 抽出したいログが出力されてるロググループを選ぶ。(複数選択できる) 3.ログを抽出するクエリを書いて実行する クエリを書くことでログの表示ができる。(SQLみたいな感じ) @messageに1レコードのログが入っている。 そこからfilterを使って不要なログのレコードは取り除いたり、PARSEを使って欲しい情報のみを抽出してフィルタリング(filter)に使ったり並び替え(sort)に使ったりできる。 今回はAPI Gatewayのログを見てみることにします。 参考 CloudWatch Logs Insights のクエリ構文 - Amazon CloudWatch Logs API Gateway での CloudWatch による REST API のログの設定 CloudWatch Logs Insights は、さまざまなタイプのログをサポートします。Amazon CloudWatch Logs に送信されるすべてのログについて、CloudWatch Logs Insights は 5 つのシステムフィールドを自動的に生成しています。 フィールド名 備考 @message 生の未解析のログイベント。要はアプリで出力したログの中身 @timestamp ログイベントの timestamp フィールドに含まれるイベントタイムスタンプ。 @ingestionTime CloudWatch Logs によって受信された時間。 @logStream ログイベントの追加先のログストリームの名前を示します。ログストリームは、生成時と同じプロセスでログをグループ化します。 @log ロググループ識別子。 API Gatewayのログを見てみましょう。 下記のようなクエリを書いて実行することで、集計したデータを取得することができます。 fields@message # 単純に表示するとき | display@timestamp,path,httpMethod,status,authorizererror,dataProcessed,integrationErrorMessage,integrationLatency,sourceip # path毎に集計 | stats avg(integrationLatency) as avg_integrationLatency , sum(integrationLatency) as sum_integrationLatency , count(*) as count_path by path as path | sort count_path desc すると下記のように結果を出力できます。処理時間によってソート出来ていて、かつ各情報を簡潔に確認できますね。 @単純に表示するとき @path毎に集計 count(*) as path by pathのように記述することで、エンドポイント単位で集計することもできます。 4.使用したクエリを保存して他の人にも使ってもらう。 作ったクエリはAWSに保存できます。汎用性のあるものはできたら保存しておけば同一環境の他の人たちも気軽に使えて便利です。 まとめ この記事では、AWSのCloudWatch Logs Insightsを使ってアプリケーションのログをスマートに抽出し、リアルタイムで分析する方法をご紹介しました。 ログデータの探索や分析が面倒だった過去とは違い、CloudWatch Logs Insightsはその手間を劇的に削減してくれる頼もしいツールです。 fincodeではこのようなサービスを活用しながら継続的なサービスの改善に取り組んでいます! ご意見・ご要望もお待ちしております!  

開発チーム
CloudWatch Logs Insightsでログを抽出・分析する

決済手段に「Apple Pay」が追加されました!

みなさん、こんにちは!fincodeプロダクトのマーケティングチームです。 本日はfincodeに新たな決済手段「Apple Pay」が追加されたため、ご紹介いたします。 Apple Pay追加の背景と概要 「fincode byGMO」では、スタートアップを中心とする導入事業者のビジネスニーズやエンジニアの声を積極的に取り入れながら、 時流に合わせたアップデートを定期的に実施しており、このたび新しい決済手段として「Apple Pay」(※1)を追加いたしました。 「Apple Pay」は Apple Inc. が提供するキャッシュレス決済サービスです。 ユーザーは手動で情報を打ち込むことなく、Touch IDやFace ID等の生体認証による承認のみで安全にクレジットカード決済ができます。 そのためEC事業者は、ユーザーの入力間違いによる「かご落ち」や不正利用による「チャージバック」の発生を抑えることができます。 オンライン決済においてより便利で安全な決済手段が求められる中、 「fincode byGMO」導入事業者は決済手段として「Apple Pay」を提供することが可能となります。 なお、クレジットカード決済やコンビニ決済等と統合された API のため、 「fincode byGMO」導入事業者は実装・学習コストを抑えて、自社の Web アプリ・スマホアプリ等において「Apple Pay」による決済の受付が可能となります。 (※1)「Apple Pay」についての詳細は Apple Inc.の Web サイトをご参照ください。 URL︓https://www.apple.com/jp/apple-pay/ インテグレーション fincodeの決済APIを利用してApple Payでの決済を処理することができます。 ブラウザが提供するApple Pay JS APIやiOS/iPadOS/watchOS/macOS上で動作するSwiftコードから得られるトークンを fincodeの決済実行APIのリクエストに含めることでApple Payでの決済を受け付けることが可能です。 fincode docsにはApple Pay用のトークンを取得するサンプルコードと決済処理のフローが全て記載されています。 Apple PayのDocsはこちら https://docs.fincode.jp/payment/applepay   fincodeではテスト環境もご用意しており、すぐに使えてすべての機能をお試しいただけます。 この機会にぜひお試しください! ※本番環境で利用する場合は、カード決済の利用開始後にダッシュボードよりApple Payの利用申請を行います。 また、 Apple Developer Program への登録が必要になります。

マーケティングチーム
決済手段に「Apple Pay」が追加されました!

決済手段に「PayPay」が追加されました!

みなさん、こんにちは!fincodeプロダクトのマーケティングチームです。 本日はfincodeに新たな決済手段「PayPay」が追加されたため、ご紹介いたします! PayPay追加の背景と概要 「PayPay」は 5,500 万人以上の登録ユーザー数(※1)を誇るキャッシュレス決済サービスです。 クレジット カードを使わないユーザーでも注文と同時に決済を完了することができ、利便性良く利用できます。 なお、クレジットカード決済、コンビニ決済と統合された API のため、「fincode byGMO」導入事業者は実装・学習コストを抑えて、自社の Web アプリ・スマホアプリ等において「PayPay」による決済の受付が可能となります。 購入者は、「PayPay」のアプリ上で支払を承認する、もしくはブラウザ上で「PayPay」にログインすることで「PayPay 残高」または「PayPay あと払い」での支払いが可能となります(※2)。 ※1 「PayPay」のアカウント登録済みのユーザー数。2023年2月時点。PayPay株式会社調べ。 ※2 「PayPay」で利用可能な支払方法はユーザーごとのご利用状況や利用事業者ごとの審査結果によって異なります。 インテグレーション fincodeの決済APIを利用してPayPayでの決済を呼び出すことができます。 決済APIのレスポンスに含まれるURLへユーザーを遷移させ、PayPayサイトもしくはアプリ上で決済を行います。 APIで決済を呼び出すほか、構築済みのリダイレクト決済ページを利用して少ないコーディングでPayPayでの決済を提供することも可能です。 PayPayのDocsはこちら https://docs.fincode.jp/payment/paypay fincodeではテスト環境もご用意しており、すぐに使えてすべての機能をお試しいただけます。 この機会にぜひお試しください! ※本番環境では、カード決済のご利用開始後に管理画面より追加申込いただけます。 ※(プラットフォームタイプご利用の方へ)テナント様にカード決済以外の決済手段をご提供されたい場合、テナント様の審査をスムーズに進めるために事前に決済会社との調整が必要になりますので、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

マーケティングチーム
決済手段に「PayPay」が追加されました!

新機能追加のお知らせ:リダイレクト型決済でコンビニ決済が利用できるようになりました!

みなさん、こんにちは!プロダクトのマーケティングチームです。 リダイレクト型決済でもコンビニ決済をご利用いただけるようになりました! 本記事では、メールリンク機能を用いてコンビニ決済をご利用いただくための方法をご紹介いたします。   なお、WEBサイトなどの貴サービスへfincodeの決済機能を組み込んで決済処理を実行される方はシステム仕様など詳細について下記ページをご参照ください。 ▼fincode Docs https://docs.fincode.jp/ ▼API reference https://docs.fincode.jp/api ▼Product Blog「fincodeの決済APIの利用する仕組みと方法」 https://blog.fincode.jp/product_blog/244-2/    メールリンクの送信方法 ①ログイン後、左メニュー>メールリンクをクリックし、「決済作成」ボタンをクリック ②クリック後、以下の画面が表示されるので、「金額」まで項目に沿って入力 ※今回は「メールアドレスを直接入力して送信する」送信方法でご紹介いたします。 ③「決済手段(最低1つ選択)」にて、「コンビニ決済」を選択。その他、必要項目を入力し「確認」をクリック ※カード決済、コンビニ決済を2種類選んだ際は、購入者の画面で決済手段が選べるようになります。今回はコンビニ決済のみ選択します。 ※成功URLおよびキャンセルURLの指定がない場合は、fincodeのデフォルトの画面が表示されます ④メールリンクの設定詳細画面が表示されます。こちらでコンビニ決済のメールリンク作成は完了です。 お客様の実際のお支払い画面 ①指定したメールアドレスに支払い依頼のメールが届きます。「お支払いページに進む」をクリックします。 ②支払い画面が表示されます。「お支払い」ボタンをクリックします。 ③指定のメールアドレスへお支払い用バーコードのご案内メールが別途送信されます。 メールまたは支払い画面の「今すぐバーコードを表示して支払う」からバーコードを確認します。 ▼メールでのご案内 「お支払いへ進む」ボタンをクリック ④内容確認画面が表示されるので、「バーコードを表示」をクリック ⑤支払い用のバーコードが表示されるので、コンビニのレジで提示し、支払い完了となります。 いかがでしたでしょうか? コンビニ決済の支払いもシステム構築なし、管理画面上の操作のみで簡単に作成・送信できました。 こちらの機能についてはテスト環境でも実際に触ることができるので、一度お試しくださいませ!  

マーケティングチーム
新機能追加のお知らせ:リダイレクト型決済でコンビニ決済が利用できるようになりました!