fincode

Product Blog

新機能追加のお知らせ:メールリンクがリリースされました

平素より「fincode byGMO」をご利用いただきありがとうございます。 fincodeに新たな機能「メールリンク」が追加されましたので、お知らせいたします。  メールリンクについて お客様にカード情報入力画面のURLをご案内するメールを、管理画面上の操作のみで簡単に作成・送信できます。 お客様に1回限りの決済をご案内したい場面や、カード情報の登録をご案内したい場面でご活用いただけます。 この機能はAPIでもご利用可能です。 利用用途イメージ ・都度お見積りが必要な商材をお取り扱いの場合 ・自社Webサイトに決済機能はないが、オンライン販売をしたい場合 Docs メールリンク(カード登録):https://docs.fincode.jp/payment/redirect_type/card メールリンク(決済):https://docs.fincode.jp/payment/redirect_type メールリンク:決済の流れイメージ 実際のお客様のカード登録画面 実際のお客様が受け取るメール 〈メールリンク:決済〉 〈メールリンク:カード登録〉 実際の管理画面設定操作流れ 実際にfincodeチームがメールリンク機能を使って、以下2点を作成してみました。 メールリンク:カード登録 メールリンク:決済   メールリンク:カード登録(利用イメージ:新規カード情報登録依頼) *作成時間:1分~2分ほど 手順1. 管理画面ログイン後、左タブ「メールリンク」をクリックし、「カード登録」ボタンをクリック。 手順2. カード登録画面表示、「メールアドレスを直接入力して送信する」を選択後、画面に沿って各項目を入力。 「送信ボタン」をクリックすると、即時で指定したアドレスへメールが送信されます。 ※成功URL、キャンセルURLはPOSTでリダイレクトします 手順3. 作成されたメールリンク詳細情報が表示されます。   メールリンク:決済(利用用途イメージ:1回限りの決済など) *作成時間:1分~2分ほど 手順1.メールリンクのTOPから「決済作成」ボタンをクリック。 手順2. メールリンク:決済作成画面へ遷移。お好きな送信方法を選択。 *今回は「顧客情報に登録済みのメールアドレスを利用して送信する」を選択したVer.で手順を説明 手順3. 顧客選択画面が表示されるため、決済情報を送信したい顧客を選択し、「顧客を選択」をクリック。 手順4. 顧客選択後、再度メールリンク:決済画面へ戻るため、画面に沿って各項目を入力。 「確認」ボタンをクリックすると、即時で指定したアドレスへメールが送信されます。 手順5. 決済のメールリンク作成内容が表示されます。これでメールリンク決済の作成は終了です。   カード登録・決済情報を作成後のメールリンクTOP画面 リンクID、リンク種別ごとに一覧でステータス、有効期限、作成日時、更新日時が確認できます。 メールリンクの作成はかなり簡単で、素早く設定することができました! ぜひ皆さまも一度、テストアカウントで試してみてください!

マーケティングチーム

Developers Nightでfincodeを紹介しました

fincode開発チームです。 2022年7月14日、GMO INTERNET GROUPで定期的に開催している「Developers Night」というオンラインイベントに登壇し、fincodeの紹介や開発事情などについてお話ししてきました! 本記事では、そのときの感想や反省点などを書きたいと思います。 アーカイブはYouTubeで公開しています。 https://youtu.be/cH1y-qspl3Q 書き起こしはこちら https://developers.gmo.jp/21754/ 発表の目的 弊社の採用に繋げたく、特に熱意をもって楽しそうに開発している(らしい)fincodeのチームの開発事情を話して貰いたいとのことで、発表の機会をいただきました。 発表内容は以下のような感じです。 システム構成 コンセプト 開発秘話 モダンな技術を採用していて学べる環境であることを伝え、次にfincodeというサービスの魅力を伝え、最後にfincodeの開発に興味を持ってもらって採用に繋げようという狙いがありました。 発表の感想 「和気あいあいとしていて雰囲気が良かった」「実体験をベースに楽しく開発できたということが伝わった」のような声を頂けたので、採用目的としては正しく発表できたかなと。 開発の実態も赤裸々に伝えられたのでよかったと思う。「入社してみたら全然違った!」ということはおそらくないと思います! 離脱率がDevelopers Nightの過去配信と比べて少し高かったとのことで、反省。学会発表やLT会などでは基本的には全部聞いてもらえるため、離脱しないように意識して発表資料を作ってはいなかった。 オンラインイベントはリアルイベントより離脱しやすいので、離脱率を強く意識する必要がありそうですね。人気のユーチューバーの動画などを参考に構成を組み立てるとよさそうかなと思いました。 また機会があればチャレンジしたいです。

開発チーム

B Dash Camp 2022に協賛しました!

fincode byGMOは、2022年6月1日(水)~3日(金)に開催されたB Dash Camp 2022 Summer in Sapporoにスポンサーとして参加しました。 B Dash Campはスタートアップ業界の第一線で活躍する経営者や、シード/アーリーフェーズの起業家が集結する日本最大規模の招待制カンファレンスです。 企業ブースでは数多くのスタートアップの皆さまに直接fincodeの決済実装方法についてその場でご説明。また、Pitch Arenaではファイナリストの皆様に賞品をご提供させていただきました。 スタートアップの皆さまの熱量に直接触れたことで、チーム一同、プロダクトを一層磨き上げ使いやすいサービスを提供することでスタートアップシーンを盛り上げる一助となりたいという思いを新たにしています。 またリアルの場で多くの方にお会いできることを、心待ちにしています。 fincode byGMOについて気になった方は、こちらからお問い合わせください。 お問い合わせ - fincode-dashboard

マーケティングチーム

「fincode byGMO」プロダクトブログを始めます!

みなさん、こんにちは! fincode byGMOのマーケティングチームです。 fincodeをご利用いただいている方、今ご検討されている方も、この記事を読んでいただきありがとうございます。 このブログではfincodeのアップデート情報や機能紹介、構築のTipsなどを発信していきます! 「fincode byGMO」とは fincode byGMOは、スタートアップが成功するために設計されたオンライン決済サービスです。 GMOイプシロン含むGMOペイメントゲートウェイのグループで 10万店舗以上のお客様へ決済サービスを提供してきたナレッジ・開発力と、 先行採用いただいたLayerXやユアマイスターをはじめとする多くのスタートアップのエンジニア・経営層からいただいた意見をもとに、 オンライン決済サービス「fincode byGMO」を開発しました。 Eコマースはもちろんプラットフォームやサブスクリプションなど様々なビジネスモデルに必要な決済機能を厳選して取りそろえ、 オンラインビジネスを推進する上での使いやすさ・わかりやすさを追求しています。 そのため、ビジネスモデルや事業フェーズを問わず、スタートアップ企業は決済領域での課題を抱えることなく事業成長に集中することが可能です。 テストアカウントも1分で登録完了、実際の操作画面も無料で体験することができますので、一度お試しいただくことがおすすめです! プロダクトブログを始めた理由 本ブログをはじめた理由として、「より多くの方々にfincodeを知ってほしい!」という思いがありました。 実際に開発している中の人や、プロダクトに携わる人の生の声を届けることで、fincodeをより身近に感じてもらえれば嬉しいです。 2022年5月にリリースされたばかりのプロダクトになり、これからアップデートや機能追加があるため、その情報もしっかりこのブログで発信していければと思います! 最後に ここまでお読みいただき、ありがとうございました! 更新される記事で、「良い記事だなあ」と思ったら気軽にシェアしていただけると嬉しいです。 今後ともfincodeをよろしくお願いいたします!

マーケティングチーム